10年たってもわすれない

10年前をふと思い出すと・・・坊主でした(笑)

 

こんにちは!記者124です。

だいぶ遅くなりましたが甲子園がおわり、花咲徳栄高校が見事優勝しました!

おめでとうございます!

広陵高校は準優勝ですがとても素晴らしい試合でした。

お疲れ様です。

 

タイトルは1993年(第75回)、夏の甲子園のキャッチフレーズです。

10年前、ちょうど私も高校三年でした。(ギリギリ平成生まれです!)

早いものであれから10年。

この年は何と言っても「がばい旋風」でした。

佐賀県の県立校である佐賀北高校が決勝で逆転満塁ホームランで優勝しました。

その時の対戦相手が今年の準優勝の広陵高校でした。

 

広島の野村 祐輔選手、巨人の小林 誠司選手が率いる広陵高校が7回終了まで佐賀北高校をヒット1本に抑え4-0で広陵高校がリードしていました。

佐賀北高校は8回裏、2本のヒットと2つのフォアボールで押し出しで1点を返し4-1。

その後、若干甘く浮いた球を3番の副島 浩史さん(佐賀北)がレフトスタンドへ運び4-5として9回を守りきり初優勝。

広陵のヒット13本に対して佐賀北は5本。

倍以上の差がある中での勝利でした。

 

広陵は10年ぶりの決勝でしたが惜しくも前回の無念は晴らせなかったものの素晴らしいプレーばかりでした。

中でも、中村 奨成選手は32年ぶりに清原 和博さんの大会本塁打記録を塗り替えました。

「この悔しさを糧にプロの舞台に立って悔しさを晴らしたい。」

試合後のコメントで仰っていました。

応援しています!

 

このような試合をただ思い出として残しておくのではなく、データとして残っているといろいろなことを後々に思い返せます。

将棋の感想戦のように後悔するのだけではなく、「次はこうしよう」「この場面では・・・」など研究する際のお供にFIELD AiD SCOREBOOKを使って頂けたら幸いです!

(若干無理矢理な気もしますが・・・笑)

 

甲子園が終わってすぐですが、秋季大会が控えております。

1,2年生の新チームでの初の公式戦、がんばってください!

 

あと、第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップもカナダで開催されています。

こちらもがんばってください!

私もダイエットがんばります!(笑)

また次回お会いしましょう。